« ベートーヴェンとヨゼフィーネ・ダイム伯爵夫人 | Main | ポリーニのベートーヴェン後期ピアノソナタ集 »

July 23, 2007

誕生日

さて、今月のネット音楽雑誌・月刊「DAICHI-大地-」で私は"Happy Happy Birthday"という曲を発表していますけれども、これは解説にも書いていますように、私の親しい友人の誕生日のために作ったものなのです。そして今日、7月23日がその人の誕生日なのですね。

こうして誕生日を祝いたい人というのは、勿論、自分にとって大事な人であるわけですが、よくよく考えてみるとこれは不思議なことですよね。何と言っても、歴史的にも地理的にも全く異なった人生を歩んで来た人と出会って、その出会いが、自分にとって大事と思えるほどの意味を持っているわけでしょう。これは殆ど奇跡ですね。人と人とが出会うということは、本当に、並大抵のことではないと感じます。人は、瞬間瞬間、いろんな決断や判断を重ねながら自分の人生を創っていってますから、そのどこかの決断や判断が違っていれば、その人と出会うこともなかったということでしょう。今、こうして会えているということ、それはお互いの決断や判断の積み重ねで実現していることなのですね。

そして——もう一つ——。そういう、大事と思える人に会っている自分が、今、ここにいるということ。それも考えてみたら不思議なことではないですか。

実は、今月は私自身の誕生月でもあって、その日私はある集まりに出ていたのですが、それが終ってから携帯に留守番電話が入っているのに気づき、再生してみると九州の母からでした。たった一言。

「今日はお赤飯を炊いて頂きました。」

想わず、柄にもなく泣いてしまいました。事あるごとに対立したりしては、「生まなきゃよかった」「生れなきゃよかった」「あんたなんかいなかったと思うよ」「僕も親なんかいないから」なんてひどい言葉を浴びせ合ったりすることもあるのですが、親にとって、特に自分のお腹を痛めた母親にとっては、忘れようとも忘れられない、そしていつも元気で幸せであれと願わずにはいられないものなのでしょう。自分が今ここにいるということ、そしていろんな素晴らしい人たちに出会っているということ、それを可能にしたのはこの母親であり、父親であると思うと、もうそれだけでありがたさに胸がいっぱいになります。

今、自分がここにいるということ、そして大事と思える人に出会えたということ、誕生日というのは、その奇跡を、人生の不思議を、今一度考える機会なのかもしれません。

というわけで、今日誕生日を迎えた人、これから迎える人、そして、もう過ぎてしまった人、全ての人に——。

お誕生日おめでとう。

|

« ベートーヴェンとヨゼフィーネ・ダイム伯爵夫人 | Main | ポリーニのベートーヴェン後期ピアノソナタ集 »

Comments

タンゴ黒猫さんお誕生日おめでとうございます。
素晴らしいお母様ですね。
心がジ~ンとしました。
親しい方(恋人?)へのお祝い歌も素晴らしいなーと感じました。
いよいよ夏本番という感じの気候になりましたね。
どうぞ体調を崩したりしないように気を付けてお過ごしください。(もっとも夏生まれの夏男だから大丈夫かな?)

僕は夏が苦手ニャ~ン♪

Posted by: 三毛猫ニャン♪ | July 26, 2007 at 08:15 PM

三毛猫ニャン♪さん、コメントありがとうございます。
蒸し暑い日が続きます。
夏の苦手な三毛猫ニャン♪さんも、
お体にお気をつけてお過ごし下さい。

それでは、また。

Posted by: タンゴ黒猫 | July 31, 2007 at 11:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76639/15859814

Listed below are links to weblogs that reference 誕生日:

« ベートーヴェンとヨゼフィーネ・ダイム伯爵夫人 | Main | ポリーニのベートーヴェン後期ピアノソナタ集 »