« コンピュータは本当に速いのか? | Main | 「ん」の話(2) »

March 12, 2008

「ん』の話(1)

携帯が壊れた。水に濡らしてしまって、何とか動いてはいるし、機能もしているが動作が不安定なのだ。早く買い替えないとそのうちデータも拾えなくなるんだろうな。何と言ってもひどかったのが水に濡れた直後で、「0」のキー、つまり「わをん」などを入力すぐキーが反応しなくなったのには参った。しばらく使っているとわかるが、数字だったら「0」を何と多く日頃使っていることか! それから何と多く「ん」という字を使っていることか! どんなメールを打とうとしても、この2つは必ずといっていい程出て来るので、困った困った。とりあえず「0」の方は過去のメールからコピーしてきて「ぜろ」で「0」と「000」を変換できるようにして、「ん」の方は、何とか訓読みがあるものはそれで逃げる——例えば「ほん(本)」は「もと」と入力するようにして——ものの、案外、漢語しかないもの、例えば「かんじる」の「感」などはこれ以外読みようがないので困った困った。

ところで、そんな日が続くと、日頃何とも思っていない「ん」のありがたさがわかるものである。と同時に、「ん」がない頃はやっぱり大変だったんだろうなぁ、と古(いにしえ)の人々の文筆生活に思いを馳せたりするのだ。

というのも、万葉仮名から「ひらがな」「カタカナ」が生まれた当初は「ん」や「ン」の字はなかったのだ。それで、古文では「案内」と書いて「あんない」ではなく「あない」なのですよ、と習うのである。しかし、よくよく考えてみると、「ん」の字がないから「あない」と書くだけで、実際には「あんない」と発音していたのではないか? では逆に、「あんない」と発音していたのなら、何故「ん」の字がないのか?

それは、ひらがなにしてもカタカナにしても元は漢字であり、漢字では「ん」に当たる音である「n」や「ng」はそれだけで音節を構成しないからだ。音節とは、簡単に言ってしまうと、その言語で一音と感じられる音の単位、ということになる。通常は一つの母音を含むのです。例えば「新」という漢字は日本語では「シン」と、2つの音と感じられますが、中国語では「xin(シン)」を1つの音として感じます。(英語でも「sun」は1音節、「サン」とカタカナにすると2音節になります。英語の歌などでついていけない人がいるのは、この1音のところに無理矢理2音入れようとするからです。w)そう、もともと中国語である漢字の場合は、「ン」の音が既に他の音と一緒にくっついて例えば「新」という字の中で表現されているのです。従って、取り立てて「ン」の字を作る必要がない。

これは、あくまでも、万葉仮名なり漢文なり、漢字で文章を書いていた人たちが、結局は当時の中国語文化圏の人たちであったことを表しています。しかし、文字というものが広まっていくにつれ、当然、もともと日本語文化の人たちがそれを利用するようになります。そうすると、音の捉え方が違うので、いろいろと不都合が起こることになります。例えば「ん」がない……。

逆に、前にも書きましたが、万葉仮名では母音の種類が多く、乙類、甲類というものの存在が指摘されていますが、これがひらがなやカタカナになった時に消えてしまったのは何故なのでしょう? それは、中国語文化圏の人たちには、例えばアメリカ人が「ラ」行の「L」と「R」の音はきっちり分ける必要があるのと同じに、やはりこれらの母音を分ける必要があった。のに対し、いわゆるもとから日本語の人たちにとって、それは重要ではなかったのではないでしょうか。だから使わなかった。そして寧ろ「ん」を必要とした……。

実は、漢字以前の文字である「ホツマツタヱ」のヲシテと呼ばれる文字には、ちゃんと「ン」の音があるのです。しかも、何と象徴的な形なのでしょう!

080312

上記のような事情を考えると、ホツマの文字はどの面から見ても、万葉仮名、ひらがな、カタカナ等に比べ、日本語の特質が見事に生かされた体系になっており、その文字体系と思想体系、歴史体系の綿密な一致が、とても一人の人が頭で作り出した産物ではないことを物語っています。ひらがな、カタカナという、漢字文化から見たのではわかりにくい古文の表現、古語の意味も、ヲシテから見て行くと実にすっきりと整理できるのです。

|

« コンピュータは本当に速いのか? | Main | 「ん」の話(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76639/40479901

Listed below are links to weblogs that reference 「ん』の話(1):

« コンピュータは本当に速いのか? | Main | 「ん」の話(2) »