« 「ん』の話(1) | Main | 一年間の休暇 »

March 13, 2008

「ん」の話(2)

昨日は日本語では「ん」の音がひとつの音節を構成していて、それが日本語の特徴であることについて触れたのだけれども、実は「ん」にはもう一つ秘密があります。それは「ん」が表している音を発音記号やアルファベットで表現すると、一つの音ではない、ということです。つまり、「ラ」行の音が「L」にもなり「R」にもなったりするように、「ん」の音にもバリエーションがあるのです。このことを殆どの日本人は気づかずに「ん」を使っているのだけれども、時々その影響がかなの振り方に出て来るので明らかになります。

普通、「ん」の後に何も続かない場合は、実はローマ字で当てられている「n」という子音ではなく、前の母音がそのまま鼻に引っかかった音になります。「さん(三)」とか「ほん(本)」、「パン」などという場合で、ポルトガル語で「São Paulo(サンパウロ)」とか「Lisbõa(リスボン)」という時の「ン」と同じ音です。強いてローマ字で表記すると、それぞれ「saã(さん)」、「hoõ(ほん)」、「paã(パン)」となります。

それから、次の音が「ナ」行や「タ」行など、舌が口蓋に接する音の場合、この時が「n」の音になります。「あんない(案内)」や「かんどう(感動)」という時の音ですね。この時、次の音が母音の場合は、その母音に影響して、続く母音を「ナ」行の音節にしてしまう傾向があります。「音」は普通「オン」と発音しますが、「観音様」という時は、「観(カン)」の「ン」の音が「オン」に影響して「カンノン」という発音になってしまいます。同じように、「王」は「オウ」ですが、「山王神社」という時は「山(サン)」の「ン」が影響して「サンノウ」となります。

私の知合いで「華音」と書いて「カノン」と読ませる人がいます。「観音様」の連想からでしょうが、「音」を「ノン」と読むわけではないのです。前の音が「ン」で終わっているからその影響で「ノン」となっているだけなのです。前の音が「カ」の場合は「音」は「オン」のままですね。まぁ、人の名前や店の名前は視覚と音から来るイメージが大事なのでしょうから、こんなところで国語的、言語学的な分析をしても仕方がないのでしょうが。店の名前と書いたついでに思い出すのが「キャノン」ですが、あれはもともと「観音カメラ」なのだそうで、「観音」をローマ字にした時に「canon」と「n」を重ねずに「カン—オン」となっているのは、逆に、さすがぁ、わかってるぅー、という感じがしますね。

さてもう一つ。「ン」の次に「マ」行、「パ」行、「バ」行など、唇を閉じて発音する音が続く時は、今度は「m」の音になります。「サンマ」や「しんぶん(新聞)」という時の音です。そう言えば、朝日新聞は英語では「The Asahi Shimbun」と表記していますね。

更に更に、「ン」の次に「カ」行、「ガ」行が来る時は、いわゆる「ng」の音になります。「あんがい(案外)」や「はんこ(判子)」という場合です。

このように見てくると、

「さん(三)」
「さんない(三内丸山遺跡)」
「さんま」
「さんかい(三階)」

と、同じように「さん」と書いても全部違う発音なのです。それを全部同じ「ん」という文字が表していて、しかもちゃんと一つの音節を構成している。「ん」はそれだけでは音節を構成できない英語や中国語などの「n」や「ng」の音に比べると、何と豊かで大きな存在なのだろうと思うのです。

携帯メールで「ん」を打てなくなって、その偉大さを改めて知らされたタンゴ黒猫のつぶやきでした。


|

« 「ん』の話(1) | Main | 一年間の休暇 »

Comments

Canon のことですが
こういう意味もあるとのことです。
http://www.canon.co.jp/about/mark/origin.html

また、語源をたどると
そもそもこの英単語のcanonと観音はつながりがあるそうです。

Posted by: Rhythm♪ | July 28, 2008 03:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ん」の話(2):

« 「ん』の話(1) | Main | 一年間の休暇 »