March 14, 2009

【告知】インターネット中継ライブやります!

さて、昨日少し触れましたが、
セカンドライフからインターネットを通じてRLに配信する
インターネット中継ライブ+公開録画を以下の日程で行います。

■Hiroshi Kumaki インターネット中継ライブ
・日時:2009年3月14日(土)24:00〜24:45
・SL内会場:Lifebound Cafe, Fanghammer
      http://slurl.com/secondlife/Fanghammer/24/14/22/
・中継URL:http://www.ustream.tv/channel/559811
      http://lifebound.slmame.com/

今回はとりあえず一人で全部やるので、
音を出しながら、
アバターを動かしながら、
はたまたテロップ出したりしながら、
と、いつもより更に忙しくなりますので、
ハプニング、トラブル必至! という感じですが、
まぁ、笑って頂けたら。。。^^;

セカンドライフ内の会場にいらしても
WEBでご覧になっててもいいので
是非ご遊びに来て頂けると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。w

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2009

一年間の休暇

「二年間の休暇」というのはジュール・ヴェルヌの名作
『十五少年漂流記』の原題ですが、
前回このブログを書いてからちょうど1年が経ちました。
大変ご無沙汰してます、タンゴ黒猫です。

この1年はシステム開発の仕事で地方の某所に缶詰になったり、
それが終わったと思ったら今度は月250時間以上働く日が続いたり……。
そして何よりボランティア活動やセカンドライフの方も忙しくなったりと
なかなかこのブログに向かう気持ちになれないのでした。

これからも恐らくは、毎日書くものとしては、
「高麗恵子WEBサロン」への書き込みと、
セカンドライフのブログ「Hiroshi Kumaki's Lifebound Blog」
中心になっていくと思います。
それでも、WEBサロンの方は高麗恵子さんのサイトで
書き込む内容の方向(趣旨)も決まっていますし、
またセカンドライフだけで生きているわけでもないので、
そのどちらにも属さない、つぶやきのようなものは
引き続きこのブログに書いていこうと思っています。

WEBサロンは、世界平和ということを具体的に実現していく場として参加しています。
ただ、私を含め皆ハンドルネームで書いていますので、
どれが私かはわからないかもしれませんね。
いや、案外わかるかな。w

また、セカンドライフはこのブログでも以前書きましたが、
あらゆる制約——性別、職業、住んでいる場所、人種、
そして肉体的な限界も——を超えて
やりたい、やってみたいと思うことを何でもやれる環境であり、
企業にとっては時間と費用を大幅に削減し、
より創造的な企業活動を可能にするツールでもあります。
そのような環境で生まれたものが、現実によりより未来を
人類全体にとって明るい未来を創ると考え
いろんな実験に取り組んでいるところです。

とは言え、昨年はイベント屋(ミュージシャン)として
いろんなイベントに参加してやたらと忙しい1年でしたので、
今年はもっとのんびりと、いろんなものを生み出していきたいと考えています。
(昨年の活動についてはこちら。)
最近ではセカンドライフ内のイベントを
インターネットで生中継する実験に取り組んでいて
今週末にインターネット中継ライブを行う予定です。
詳しくはまたここでお伝えしますね。

そんなこんないろいろありますけれども、
またちょこちょこ書いていきますので、
引き続きどうぞよろしくお願いします。
ありがとうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2008

「ん」の話(2)

昨日は日本語では「ん」の音がひとつの音節を構成していて、それが日本語の特徴であることについて触れたのだけれども、実は「ん」にはもう一つ秘密があります。それは「ん」が表している音を発音記号やアルファベットで表現すると、一つの音ではない、ということです。つまり、「ラ」行の音が「L」にもなり「R」にもなったりするように、「ん」の音にもバリエーションがあるのです。このことを殆どの日本人は気づかずに「ん」を使っているのだけれども、時々その影響がかなの振り方に出て来るので明らかになります。

普通、「ん」の後に何も続かない場合は、実はローマ字で当てられている「n」という子音ではなく、前の母音がそのまま鼻に引っかかった音になります。「さん(三)」とか「ほん(本)」、「パン」などという場合で、ポルトガル語で「São Paulo(サンパウロ)」とか「Lisbõa(リスボン)」という時の「ン」と同じ音です。強いてローマ字で表記すると、それぞれ「saã(さん)」、「hoõ(ほん)」、「paã(パン)」となります。

それから、次の音が「ナ」行や「タ」行など、舌が口蓋に接する音の場合、この時が「n」の音になります。「あんない(案内)」や「かんどう(感動)」という時の音ですね。この時、次の音が母音の場合は、その母音に影響して、続く母音を「ナ」行の音節にしてしまう傾向があります。「音」は普通「オン」と発音しますが、「観音様」という時は、「観(カン)」の「ン」の音が「オン」に影響して「カンノン」という発音になってしまいます。同じように、「王」は「オウ」ですが、「山王神社」という時は「山(サン)」の「ン」が影響して「サンノウ」となります。

私の知合いで「華音」と書いて「カノン」と読ませる人がいます。「観音様」の連想からでしょうが、「音」を「ノン」と読むわけではないのです。前の音が「ン」で終わっているからその影響で「ノン」となっているだけなのです。前の音が「カ」の場合は「音」は「オン」のままですね。まぁ、人の名前や店の名前は視覚と音から来るイメージが大事なのでしょうから、こんなところで国語的、言語学的な分析をしても仕方がないのでしょうが。店の名前と書いたついでに思い出すのが「キャノン」ですが、あれはもともと「観音カメラ」なのだそうで、「観音」をローマ字にした時に「canon」と「n」を重ねずに「カン—オン」となっているのは、逆に、さすがぁ、わかってるぅー、という感じがしますね。

さてもう一つ。「ン」の次に「マ」行、「パ」行、「バ」行など、唇を閉じて発音する音が続く時は、今度は「m」の音になります。「サンマ」や「しんぶん(新聞)」という時の音です。そう言えば、朝日新聞は英語では「The Asahi Shimbun」と表記していますね。

更に更に、「ン」の次に「カ」行、「ガ」行が来る時は、いわゆる「ng」の音になります。「あんがい(案外)」や「はんこ(判子)」という場合です。

このように見てくると、

「さん(三)」
「さんない(三内丸山遺跡)」
「さんま」
「さんかい(三階)」

と、同じように「さん」と書いても全部違う発音なのです。それを全部同じ「ん」という文字が表していて、しかもちゃんと一つの音節を構成している。「ん」はそれだけでは音節を構成できない英語や中国語などの「n」や「ng」の音に比べると、何と豊かで大きな存在なのだろうと思うのです。

携帯メールで「ん」を打てなくなって、その偉大さを改めて知らされたタンゴ黒猫のつぶやきでした。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 12, 2008

「ん』の話(1)

携帯が壊れた。水に濡らしてしまって、何とか動いてはいるし、機能もしているが動作が不安定なのだ。早く買い替えないとそのうちデータも拾えなくなるんだろうな。何と言ってもひどかったのが水に濡れた直後で、「0」のキー、つまり「わをん」などを入力すぐキーが反応しなくなったのには参った。しばらく使っているとわかるが、数字だったら「0」を何と多く日頃使っていることか! それから何と多く「ん」という字を使っていることか! どんなメールを打とうとしても、この2つは必ずといっていい程出て来るので、困った困った。とりあえず「0」の方は過去のメールからコピーしてきて「ぜろ」で「0」と「000」を変換できるようにして、「ん」の方は、何とか訓読みがあるものはそれで逃げる——例えば「ほん(本)」は「もと」と入力するようにして——ものの、案外、漢語しかないもの、例えば「かんじる」の「感」などはこれ以外読みようがないので困った困った。

ところで、そんな日が続くと、日頃何とも思っていない「ん」のありがたさがわかるものである。と同時に、「ん」がない頃はやっぱり大変だったんだろうなぁ、と古(いにしえ)の人々の文筆生活に思いを馳せたりするのだ。

というのも、万葉仮名から「ひらがな」「カタカナ」が生まれた当初は「ん」や「ン」の字はなかったのだ。それで、古文では「案内」と書いて「あんない」ではなく「あない」なのですよ、と習うのである。しかし、よくよく考えてみると、「ん」の字がないから「あない」と書くだけで、実際には「あんない」と発音していたのではないか? では逆に、「あんない」と発音していたのなら、何故「ん」の字がないのか?

それは、ひらがなにしてもカタカナにしても元は漢字であり、漢字では「ん」に当たる音である「n」や「ng」はそれだけで音節を構成しないからだ。音節とは、簡単に言ってしまうと、その言語で一音と感じられる音の単位、ということになる。通常は一つの母音を含むのです。例えば「新」という漢字は日本語では「シン」と、2つの音と感じられますが、中国語では「xin(シン)」を1つの音として感じます。(英語でも「sun」は1音節、「サン」とカタカナにすると2音節になります。英語の歌などでついていけない人がいるのは、この1音のところに無理矢理2音入れようとするからです。w)そう、もともと中国語である漢字の場合は、「ン」の音が既に他の音と一緒にくっついて例えば「新」という字の中で表現されているのです。従って、取り立てて「ン」の字を作る必要がない。

これは、あくまでも、万葉仮名なり漢文なり、漢字で文章を書いていた人たちが、結局は当時の中国語文化圏の人たちであったことを表しています。しかし、文字というものが広まっていくにつれ、当然、もともと日本語文化の人たちがそれを利用するようになります。そうすると、音の捉え方が違うので、いろいろと不都合が起こることになります。例えば「ん」がない……。

逆に、前にも書きましたが、万葉仮名では母音の種類が多く、乙類、甲類というものの存在が指摘されていますが、これがひらがなやカタカナになった時に消えてしまったのは何故なのでしょう? それは、中国語文化圏の人たちには、例えばアメリカ人が「ラ」行の「L」と「R」の音はきっちり分ける必要があるのと同じに、やはりこれらの母音を分ける必要があった。のに対し、いわゆるもとから日本語の人たちにとって、それは重要ではなかったのではないでしょうか。だから使わなかった。そして寧ろ「ん」を必要とした……。

実は、漢字以前の文字である「ホツマツタヱ」のヲシテと呼ばれる文字には、ちゃんと「ン」の音があるのです。しかも、何と象徴的な形なのでしょう!

080312

上記のような事情を考えると、ホツマの文字はどの面から見ても、万葉仮名、ひらがな、カタカナ等に比べ、日本語の特質が見事に生かされた体系になっており、その文字体系と思想体系、歴史体系の綿密な一致が、とても一人の人が頭で作り出した産物ではないことを物語っています。ひらがな、カタカナという、漢字文化から見たのではわかりにくい古文の表現、古語の意味も、ヲシテから見て行くと実にすっきりと整理できるのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2008

コンピュータは本当に速いのか?

現在システム開発の仕事に携わっていることを以前書きましたが、先日こんなことがありました。

私が開発に携わっているシステムをお客さんに引き渡す前に、今いろいろな人が実際に触ってみてテストを行っているのですが、そのテスト中にエラーが発生したのです。この人がやっていたのは、まぁ簡単に言ってしまうと受けた注文に対して、付随的な情報を追加する処理だったのですが、発生したエラーというのはその情報の追加ができなくなった、ということでした。調べてみると、そのレコード(情報)は既に登録されていて、二重登録はできません、という内容です。

ちょっと面倒な話になりますが、このシステムでは情報を編集してボタンを押すと、その情報がデータベースに記録されるしくみです。そして、データベースで管理する時は、同じものがダブらないようにチェックがかかるのが普通です。例えば、よくある顧客情報のデータベースを考えると、例えば私が商品を注文する度に「タンゴ黒猫」という名前が何度も追加されて、それを元にダイレクトメールが来たりしたのでは、管理する企業としても客の側としても、不便この上ないですね。既に登録されているものは追加できないようにしておいた方が、既に登録されている情報を集中的に管理できて便利です。が、顧客情報の場合は同姓同名ということもあるかもしれません。(まぁ、「タンゴ黒猫」という人は他にはいないだろうけど。w)そこで、例えば名前と生年月日を組み合わせて、同じ組み合わせであれば追加できない、というようにしておくと、同姓同名のお客さんにも対応できます。

今回私のところで起こったエラーも、データベースのそのようなしくみの中で起きました。注文に関する情報ですから、当然申込番号はダブります。そこで、申込番号に加えて、処理した日時を秒単位まで記録し、申込番号と処理時間の組み合わせでその情報を特定するようにしてあったのです。

ところが、このテストした人の処理が速かった。付随的な情報を何件か登録していて、ある情報を編集、登録ボタンを押して次の情報を編集、もう一度登録ボタンを押すまでに1秒かかっていなかった。従って同じ申込番号と処理時間の組み合わせができてしまったのがエラーの原因でした。会社としては、処理時間を秒まででなく、ミリセコンド(千分の1秒!)まで記録することで回避するような対応をとることになるとは思いますが……。

それにしてもこのテストしていた人の処理能力の速いこと。実際、音楽やっていたりスポーツやっていたりすると経験することが多いと思いますが、人間、1秒の間にやれることは多いものです。逆に、コンピュータは、調子がいい時はそれこそ千分の1秒単位で処理するのに、ちょっとでもメモリー不足、ハードディスクの断片化などが起こると、ファイルを開いたりコピーしたりするような単純な作業でも何分も待たせたりしますね。場合によっては人間のスピードに追いついて来れない。今回もそうでしたが、私もよくあるのは、私のキー入力にコンピュータがついて来れなくて、IMEやワープロのソフトが固まってしまうことです。そういう速さの時というのは本当にノッていて、一気に長文を打ったりしてますから、固まってしまうと……。そう、それまで打った文章が全部失われてしまい、泣く思いをします。ゆっくり、落ちないようにコンピュータに気を遣いながらまた入力し直さないといけない。

一体、コンピュータは本当に速いのか。というより、コンピュータは本当に仕事の効率を上げるのに役立っているのか。現状はどうもそうではなさそうです。コンピュータを使う方がある種の処理は早く、正確なのでしょうし、例えば私のように音楽をやる人間だと、私一人でできる以上のことを実現してくれるのも確かです。が、同時に確かなのは、コンピュータが処理を終わるのを待たなければならないということ。どんどん先に進みたいからコンピュータ使っているのにね。コンピュータを待っている時間ほど無駄でイライラするものはないですね。実際、ワードもエクセルも便利そうで、それより何よりウィンドウズOSなんて使っていない会社はないと思うけれども、あれを使うことで生じている無駄な時間というのを計算したら膨大な損失を日本全体、世界全体で生んでいるんではないかと思います。にも拘らず、その会社を訴えることもせず、ただ言いなりになって次々と出される新商品を買い続けているというのは人がいいにもほどがあるのではないでしょうか。もしあなたの仕事がなかなか片付かないとしたら、それはそんなコンピュータを使っているからかもしれません。

どんどん世の中の変化が激しく、仕事に今まで以上のスピードが求められる時代、本当に人間が先へ先へと動くのに役立つ、速いコンピュータ、速いソフトの登場が待たれているように思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2008

人の歴史は
愛する人と引き裂かれた
悲しみの歴史
今まで生きたあらゆる人の
悲しみと祈りが
今ここに集い

全ての悲しみは愛へと変わる
今 この時
愛が実現する時代となった

この喜びを
世界中の
あらゆる人に
伝える


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2008

ソラマメ始めました。

このブログではセカンドライフの話を何度となく書いています。それは一つには、一見ただのネットゲーム、趣味の世界に見えるこのセカンドライフが、実は現実の社会を大きく変えるポテンシャルを持っているからです。が、やっぱりまだまだ認知度は低く、また、要求されるPCのスペックも高いことから、誰もが気軽に参加できる状況にはなっていません。セカンドライフに関するこのブログの記事も、関わっていない、参加したことのない人には何のことだか、何が面白いんだか、ちんぷんかんぷんでしょう。

実はセカンドライフにはソラマメ(SLMame)という専用のブログがあり、セカンドライフに参加している人は大抵そちらで記事を書いているでしょう。ただ、上記の理由から、より多くの人にセカンドライフの可能性を知ってもらい、参加してほしいのと、これ以上ブログやら連載やらを増やすのは無理、というのがあり、ソラマメには手を出さずにいたのです。とは言え、どう考えても内輪受けしかしないようなこともあり、そういうものはセカンドライフの友人から誘われたセカンドライフ用のSNSの日記に簡単に記しているのでした。

とは言え、SNSの記事というのは所詮内輪のものですし、やっぱり多くの人に伝えたいこともある。同時に、セカンドライフのことを書くとなると、どうしてもセカンドライフのアバターである Hiroshi Kumaki として書かないわけにはいかないのです。が、このブログはそもそも「タンゴ黒猫の音楽日記」というくらいですから、やっぱりタンゴ黒猫として書いているわけですね。そういう名前というか立場の使い分けがだんだん煩わしくなってきましたし、何と言っても、検索サイトからここに来た人にとっては何が何だかわからないでしょう。

080121

というわけで、昨年末にポッドキャスティングを止めたことですし、より活動が本格的になってきたソラマメに Hiroshi Kumaki 名義でブログを書く事になりました。タイトルはズバリ、「Hiroshi Kumaki's Lifebound Blog」。日々セカンドライフの中で起こったことは勿論のこと、これまでこのブログで書いた記事も統合して、トータルにセカンドライフのことがわかるようなサイトにしていく予定です。このブログも「音楽日記」と題している割には音楽話題があまりありませんが、私の音楽活動としては、セカンドライフ内の活動の方が活発になってきており、ネット音楽雑誌・月刊「DAICHI-大地-」で発表している曲も、セカンドライフ内のコンサートで好評だったものを公開する、というように、今やセカンドライフの方が先行しています。是非、このブログと併せてソラマメの方もどうぞよろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2008

ついに手に入れた!〜『桓檀古記』

最近また『ホツマツタヱ』のことなど書いたり読んだりしているからかもしれない。この週末、ふっと立ち寄った古本屋で、何かおもしろいものはないかと眺めていたら、目立たないようにして『桓檀古記』が置いてあった。前からほしいと思っていた書物だが、何と言っても値段がはるので、いつも先送りになっていた本だ。ふっと手に取って値段を見ると何と、1,800円とある。んなバカな! と思って中身を調べてみると結構な美本で、正に私が欲しがっていたその本なのだ。こんなチャンスは二度とないと思い、衝動買いである。

『桓檀古記』は『ホツマツタヱ」同様知る人ぞ知る書物で、基本的には朝鮮半島の古代史を記したもの。いだきしんさんや高麗恵子さんがよく話して下さる高句麗の真の歴史のことなど、この本に詳しく書かれている。この書を紐解けば、単に朝鮮半島と言わず、これまで中国を中心に事実とされてきた東アジア全体の歴史観が大きく変わってしまう本で、例えば、日本で言えば、この本に書かれてあることを真実とするなら、天皇は朝鮮半島から来たことになり、日本の国土での発祥、ないしは天から降りてきた、というような皇国史観はあっさりと崩れてしまう。それだけに日本でも朝鮮半島でも隠された書物となってしまった。が、見方を変えれば、そこに記された人物たちの業績や理念、理想、といったものの素晴らしさ、偉大さに触れることができ、自分たちがそうした偉大な人物の末裔であることに誇りを覚え、どんな困難にも打ち勝つ元気と強さとを取り戻すことができるのだ。

この『桓檀古記』と『ホツマツタヱ』、それに以前話した『契丹秘史』などの書物は、個別には偽書の扱いをされることが多いのだけれども、実は共通する世界観がそこにはあり、鹿島曻さん流の解釈をするなら、それはユーラシア大陸全土にわたる壮大な人と人との交流と発展のドラマ、歴史となるのだ。日本の歴史とはこの島国の中にいた人だけが作ったわけでも、またその人たちだけのものでもない。こうした大きな歴史観に触れる時、私たちは人間というものの存在の素晴らしさ、自分が今ここに生きていることの意味を改めて実感するのである。

(※『桓檀古記』の具体的内容については、じっくりと読み進みながら、ここにポツポツ書いていこうと思うのでお楽しみに。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2008

セカンドライフ〜Niseko SL Station in TOYOTA SIM に出演!

昨晩、12月にオープンしたばかりの TOYOTA SIM で行われたイベント、Niseko SL Station in TOYOTA SIM に生で出演、お話と演奏してきました。Niseko SL Station はその名の通りNiseko 3 SIM に拠点を置く kenmi Lomu さんをパーソナリティとする人気ラジオ
番組で、実は STARTracker Island では、私と kenmi さんとはお隣さん同士なのです。二人ともスタトラに店があるということで、それぞれ個別にスタトラでイベントをやったりはしてきたのですが、いつかコラボしたイベントをやりたいね、とは言っていたのです。

それが、漸く技術的な問題を解決して、昨晩実現することになったのです。但し、ニセコやスタトラといったいつもの場所でなく、新しい SIM のテナントや住民募集も兼ねた大きなイベントでの初の試み、さすがに緊張します。午後7時過ぎ、skype を使って北海道の kenmi さんと東京の私とが音声でつながります。いつも SL で会っていて、チャットで会話しているはずなのに、直接声で話せるというのは何とも不思議な感じがします。北海道はマイナス8度、kenmi さん手がかじかんでキーボード打てない、なんて話が聞こえてきます。東京の私も寒い寒いと思っていましたが、勿論北海道は比ではないようです。そんなことも話しながら、そのまま進行など打ち合わせ。ステージに楽器を設置したりと、準備している間に、あっと言う間に22時になります。番組スタート!

080127a

080127b

会場全景——会場には40人以上の人が


会場には40人以上の人が集まり、賑やかに盛り上がっていきます。私も最初は観客に混じって見ていましたが、そのうち時間になり、楽屋へ移動、着替えていよいよ登場。kenmi さんのキューにドキドキしますが、一旦出てしまえば、もうあとは出たとこ勝負ですね。(笑 おしゃべりして、演奏して、あっと言う間に時間が過ぎていきます。

080127c

080127d

演奏中の Hiroshi と魅力的なトークの kenmi さん


番組は、kenmi さんへの応援や、賛辞、ラブコール(?)が飛び交い盛り上がる中、無事24時に終了。よくあれだけたくさんのメッセージが寄せられる中、それを読み上げ、時間通りに進行できるな、と私は感心しきりでした。終了後、ステージを撤去、お互いお疲れ様を言って別れます。またどこかでやろうね、と。

そう、きっとまたどこかでやるでしょう。昨晩見逃した方は是非その時をお楽しみに!

P.S. TOYOTA SIM はまだ出来たばかりで、モールのテナントやマンションの入居者を募集中。いずれも驚くようなお家賃で、特に地下街モールは3月末まで無料キャンペーンをやってます。土地を探されている方、TOYOTA SIM にいらしてご検討されてみては?

TOYOTA SIM 情報サイト
SLJP-セカンドライフ非公式情報サイト - TOYOTA SIM

Niseko SL Station SLURL
ニセコ本社 http://slurl.com/secondlife/Niseko3/98/225/24
スタートラッカー店 http://slurl.com/secondlife/STARTracker/30/80/22

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2008

海外進出!

私が新曲を発表しているネット音楽雑誌・月刊「DAICHI-大地-」ですが、一週間ほど前にその英語版が創刊されました。当初から編集長の詫間氏はインターネットで出すということは世界を相手にすることだ、とおっしゃっており、英語版の構想はずっとあったようなのですが、海外のお客さんとの決済をどうするかでずっと時機を見計らっていたようなのですね。それが昨年の終わりに環境が整ったとして発表され、いよいよ新しい年の初めに創刊の運びとなったわけです。

080125

自分たちが音楽に込めたメッセージが世界中の人に届けられるかと思うと嬉しい限り。私はあまり海外に知り合いはいないのですが、関根敏行さん、HIROさん、COSMOさん、何れも海外や外国人の知り合いに見てほしい、或いは見てもらったけどよくわからないとか、そんなことをおっしゃってましたのでね、これからはどんどん紹介できますね。

それで気になって、海外からのアクセスはあるか聞いてみたら、これまでもアメリカとスペインからはあったそうなのですが、今週はアメリカは勿論、カナダ、ニュージーランド、ドイツ、韓国、中国からのアクセスがあったとか。いやー、ホントに嬉しいですね。いろんな国の人に見て頂いていると思うとワクワクドキドキしてしまいます。あとは……みんな買ってくれるといいなぁ。(日本語版は500円ですが、英語版はUS$4.00です。)

というわけで、まずはお知らせでした。皆さんも英語版にアクセスしてみて下さいね。
どうぞよろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧